ハイベックとアクロン・エマールの違い

ハイベックとアクロン・エマールって違うの?

同じおしゃれ着洗い用洗剤でもある
ハイベック・アクロン・エマールetc・・・
これらの洗濯洗剤は価格以外になにが違うんでしょうか?

 

ハイベックVSアクロン・エマール!汚れ落ちが違う!

 

これがいきなりの決定打かもしれません(笑)

 

ハイベックとアクロンやエマールの決定的な違いは
汚れ落ちだと感じています。

 

アクロンやエマールは中性洗剤で、
衣類をやさしく洗いあげるために、洗浄力をおさえた洗剤なんです。

 

 

他の洗濯洗剤を見るとわかると思いますが、
弱アルカリ性や弱酸性の方が多い印象がないでしょうか?
特に、洗浄力がいいのは弱アルカリ性ですね♪


一方、ハイベックは「植物性ドライクリーニング溶剤」といって
クリーニング屋さんで取り扱っている種類と同じなんですね。

 

そのためか、他の洗濯洗剤と比べることが出来ないんですが、
中性洗剤よりもかくだんに洗浄力がいいのは明らかです(・∀・)

 

ハイベックVSアクロン・エマール!仕上がりは?

 

おしゃれ着洗いに欠かせない仕上がりはどうでしょうか?
これは、洗剤の特質上ではハイベックの方が良いと言えますね♪

 

やさしく洗うところまでは変わらないのですが、

 

洗い終わって干した時の乾燥までの時間が
ハイベックは桁違いに速いです!

 

と言うのも、エマールやアクロンと違って、ハイベックは
揮発性の高いドライ溶剤なので、
例えばアルコールのように、空気に触れるとすぐに飛んじゃうんです。

 

水と混ぜても、その乾き具合は普通の洗剤よりも速いです♪

 

 

風合い良く仕上げる秘訣は、短い時間で熱を加えずに
自然乾燥させることですので、ハイベックの仕上がりはピカイチなんです(*´∀`*)

 

ハイベックVSアクロン・エマール!香り勝負!

 

洗いあがりの香りでは、エマールやアクロンの市販洗剤の方が
好みにもよりますが豊富だと思います。

 

ハイベックはさわやかな柑橘系の香りのみですが、
エマールやアクロンは、それぞれに香りの種類がありますので、
好みに合わせて使うことが出来ますね♪

 

ハイベックは香りよりも洗浄力、仕上がり重視、といったところです。

 

ハイベックVSアクロン・エマール!コスパを比べると?

 

お世辞にも安く見えないハイベックですが(汗)、
コスパの面から考えると、実はアクロンやエマールよりも
安くすんでいるんですよ(*´∀`*)

 

エマールは通常約30回分の量が入っています。
もちろん一度使うごとに溶液は捨てちゃいますよね。

 

ハイベックは約110回分の量で、かつ使った後の溶液が
透明ならば、更に使いまわすことができちゃいます♪

 

私はよく漬け洗いで使いまわしてますよ。

 

 

で、ここまでだと、洗濯洗剤の値段だけでは
まだエマールのほうがお得に見えます(笑)

 

ここからなんですが、エマールで洗えないものが
ハイベックでは洗えてしまうことなんです♪

 

エマールやアクロンで洗えるものは・・・

 

 

一般的なおしゃれ着洗い用の中性洗剤の限度ですね。
一方ハイベックはというと・・・

 

 

自宅洗いの場合の価格も書いてますね。
クリーニング屋さんに出すよりも、これだけの差があるんです♪

 

と、いう感じでハイベックとアクロンやエマールの違いを上げていきましたが、

 

香りの面以外ではほぼハイベックの方に軍配が上がってます。

 

なんといってもクリーニング屋と変わらない仕上がりで、
クリーニング代が節約できるのはありがたいですね♪

 

ハイベックの詳細はこちらでも確認できます(*´∀`*)